食事を見直す

スマホを見る

加齢や運動不足、食事の不摂生が継続するとおのずと血圧が高くなり、健康診断などでも注意が必要と診断された人も少なくありません。血圧が高くなると血液に余分な負荷がかかってしまい、血管を傷つける要因にもなります。またそれらが長く続くと血管系の病状である脳梗塞や脳幹出血、心筋梗塞などの重篤な病気に繋がりかねません。そうならない為にも日頃から不摂生により、血流の悪くなったドロドロ血を血液サラサラにへと改善する事が何よりといえます。 血液を血液サラサラにするには、まずは適度な運動がオススメといえ、心肺機能を鍛える為の有酸素系の運動であるランニングやジョギング、ウォーキングなどを週三回を目安に行うのが効果的です。

上記で述べた運動を継続していき、それと併せて行いたいのが日常的な食生活の改善です。特に今まで塩分や脂肪分を多く取りすぎの人であれば、それらを控えめにして血液サラサラ効果のある食材を摂取する事が何よりといえます。 血液サラサラ効果のある食材としてオススメなのは、まずは納豆が挙げられ、納豆に含まれるナットキナーゼという成分は血液中を血栓を溶かす効果があり、その結果血液サラサラ効果を生み出します。また納豆は高品質のタンパク質が豊富に含まれているので、美容や健康に役立つ事でしょう。 他の食材であれば野菜全般が挙げられ、野菜の豊富な食物繊維は高血圧に負担となる便秘に良い効果をもたらします。また野菜の中の玉ねぎに含まれる硫化アリルは血液をサラサラに保つので積極的な摂取がオススメです。